[The HUMAN] 第一章「贄の箱庭」/6(上)

Kairi & kai による「」 は、奈須きのこ原作の小説「空の境界」、ならびにTYPE-MOONのゲーム「月姫」「Fate/Stay night」の世界を舞台とした二次創作小説です。

長らくお待たせしました。
第一章のクライマックスまであと少し、 /6 公開開始です。

あらすじ

都内で起きた集団失踪事件から5日、池宿での乱闘騒ぎから3日が経過した。

どちらの事件にも深く関わる賽賀信吾は、かつて多くの仲間達が集まった溜り場で目を覚ます。3日前の乱闘で負った怪我は、治るどころか悪化の一途を辿っていた。
そこに、最後の仲間・山川誠が戻ってくる。自分以上に怪我を負っていたはずの誠の回復ぶりに驚く信吾だったが、彼の様子がおかしいことに気づく。
同じように『ブラッドチップ』を服用した自分達の差異に疑問を感じつつも、信吾と誠は現状を打破するために動き出す。

[The HUMAN] 第一章「贄の箱庭」/6(上) を読む。

これまでのストーリーについては、こちらの特設ページからどうぞ。

ご意見・ご感想・お問い合わせ

」についてのご意見・ご感想は、このエントリーのコメント欄にご投稿ください。
また、お問い合わせはこちらのメールフォームからどうぞ。

[The HUMAN] 第一章「贄の箱庭」/5(下)

Kairi & kai による「」は、奈須きのこ原作の小説「空の境界」、ならびにTYPE-MOONのゲーム「月姫」「Fate/Stay night」の世界を舞台とした二次創作小説です。

分割配信していた 第一章/5の最終パートです。

これまでのあらすじ

集団失踪事件の重要人物と食事に出掛けた親友・茅野智佳のもとに急ぐ丹生恵だったが、そこで謎の男に襲われる。突如開花した驚異的身体能力と庇ってくれた見知らぬ女性のおかげで、恵は辛くも難を逃れるが、その場に倒れ込んでしまうのだった。

目を覚ました恵は、秋巳大輔警部から事の顛末を聞かされる。智佳の無事を聞いて安心するも、庇ってくれた女性の死に、恵は罪悪感を覚える。
一方、集団失踪事件を担当する秋巳は、複雑になってきた事件に少しでも対応するため、独断で恵の監視を決めるのだが………(第一章/5(中)まで)

………事態は、秋巳の予測よりもわずかに速く、進行していたのだった。

[The HUMAN] 第一章「贄の箱庭」/5(下) を読む。

これまでのストーリーについては、こちらの特設ページからどうぞ。

ご意見・ご感想・お問い合わせ

」についてのご意見・ご感想は、このエントリーのコメント欄にご投稿ください。
また、お問い合わせはこちらのメールフォームからどうぞ。

[The HUMAN] 第一章「贄の箱庭」/5(中)

Kairi & kai による「」は、奈須きのこ原作の小説「空の境界」、ならびにTYPE-MOONのゲーム「月姫」「Fate/Stay night」の世界を舞台とした二次創作小説です。

第一章/5も長くなってしまいましたので、分けて配信していきます。

これまでのあらすじ

集団失踪事件の重要人物と食事に出掛けた親友・茅野智佳のもとに急ぐ丹生恵だったが、そこでは既に乱闘騒ぎが起こっており、恵自身も謎の男に襲われてしまう。
絶体絶命のピンチに死を覚悟するも、倒れていた見知らぬ女性に庇われ、どうにか難を逃れる。そして男が去った途端、恵はその場に倒れ込んでしまうのだった。

パトカーの助手席で目を覚ました恵は、運転席に座る秋巳大輔警部から事の顛末を聞かされる。智佳が無事なことを聞いて安心するも、庇ってくれた女性の死亡に、恵は罪悪感を覚えるのだった。(第一章/5(上)まで)

そして、秋巳は先手を投じるために動き出す。

[The HUMAN] 第一章「贄の箱庭」/5(中) を読む。

これまでのストーリーについては、こちらの特設ページからどうぞ。

ご意見・ご感想・お問い合わせ

」についてのご意見・ご感想は、このエントリーのコメント欄にご投稿ください。
また、お問い合わせはこちらのメールフォームからどうぞ。

[The HUMAN] 第一章「贄の箱庭」/5(上)

Kairi & kai による「」は、奈須きのこ原作の小説「空の境界」、ならびにTYPE-MOONのゲーム「月姫」「Fate/Stay night」の世界を舞台とした二次創作小説です。

第一章/5も長くなってしまいましたので、分けて配信していきます。

これまでのあらすじ

集団失踪事件の重要人物と食事に出かけた親友・茅野智佳を追いかけ、繁華街・池宿に辿り着いた丹生恵だったが、目的の店では既に乱闘騒ぎが起こっていた。人々が逃げ惑う中、しかし恵は智佳を心配し、意を決して騒ぎの中心・居酒屋『漁民』に足を踏み入れる。

店内は荒らされており、ただ1人の男を除いてはみな倒れ伏していた。その男は恵に刃を突きつけて訊く。「お前はなんだ」と。
そこへ警察が駆けつけ、男を追いつめる。秋巳大輔警部は恵を保護しようとするのだが、男は警察の包囲をいとも簡単に飛び越えると、恵に肉薄する。
突如開花した驚異的運動能力で回避を続ける恵。しかしそれすら上回る男の奇怪な動き。追いつめられ、死を覚悟した恵だったが、見知らぬ黒服の女性の、身を呈した行動に救われるのだった。

男が去り、女性が事切れると、恵の意識も闇に落ちてしまった。

[The HUMAN] 第一章「贄の箱庭」/5(上) を読む。

これまでのストーリーについては、こちらの特設ページからどうぞ。

ご意見・ご感想・お問い合わせ

』についてのご意見・ご感想は、このエントリーのコメント欄にご投稿ください。
また、お問い合わせはこちらのメールフォームからどうぞ。

Twitter Posts (2009-04-18)

  • すごくどうでもいい話だけど、Googleドキュメント、Gmailと同じ管理方法が使えればいいのに。同系列文書のツリー化とか。フォルダに拠る管理は正直メンドくさい。フィルタリングあるわけでもなし。 #
  • 夕方 @hati が作ってくれた豚の角煮を、ハイボールと一緒に食す。以前GIGAZINEで紹介されてた至極簡単な作り方を実行してみたら、実際クソうまい。今度作る時はもっと大きな肉を買って、作ろう。 #
    詳しくは「とろけるように柔らかい「豚の角煮」を手抜きで作る – GIGAZINE」を参照。
  • Link: 10 Impressive Techniques to Spice up your WordPress Theme | DevSnippets
    jQueryってすげーな。 #
  • Link: ウェブデザインのクオリティをアップする7つのポイント | コリス
    いいまとめだ。 #
    これからウェブサイトを作ろうと考えている人は、ホントにまずこう言うのを読むべきだと思う。
    日本の素人が作る「ホームページ」というのはあまりに古いし、お粗末に過ぎる。「ウェブ上に「ホームページ」を作れば、誰かが見に来てくれるだろう」なんて言う甘い考えは捨てるべき。そんなの、流行らないラーメン屋と同じだ。
  • Link: 利用者に対し非常に分かりやすい通知を行うためのJavaScriptライブラリ「Notimoo」:phpspot開発日誌
    これは素晴らしい、ぜひ導入しよう。 #
    ウソぽん、まだやってない。
  • Link: 404 Blog Not Found:ある種のネト充やオタクたちが決して「リア充」にはなれない理由

    一般名詞としての「ネト充」や「オタク」たちはとにかく、これを書いた君が「リア充」になれないのはあまりにも明らか。

    ある種のネト充やオタクたちは決して「リア充」にはなれない|Weep for me – ボクノタメニ泣イテクレ > 雑記

    ある種のネト充やオタクたちは決して「リア充」にはなれない

    発想が、貧困だから。

    現実が、じゃないよ。

    で、なんで発想が貧困なのか。現実を、真摯に見つめていないから。

    何しろ現実を真摯に見つめれば見つめるほど、大抵、充実からは遠ざかってしまう。

    言葉はきちんと使おうぜ。君が言いたいのは

    何しろ自分に都合がいい現実を探せば探すほど、大抵、充実からは遠ざかってしまう。

    ってことだろ?

    また弾さんが見事な釣りに引っかかってるよ……。

    元エントリーのように「悟り(笑)」を開いてる非リア充ってよくいるけどさ、「充実したリアル」が幻想だろうが何だろうが、まぁ正直どうでもいいよね。
    肝心なのはさ、「リアルが充実しているか」じゃなくて「リアルを充実させようとしているか」ってとこだろ。それが「リア充」だと思うし、それが生きる意味だ。

    だから極論を言うと、「リア充」じゃないなら死んじゃえばいいんじゃないかな? だって生きてる意味ないんでしょ? #

  • @kai_hibino そんな君にプレゼント。コイツを見てくれ、どう思う? in reply to kai_hibino #
    なんの話かと言えば、格闘ゲーム『MELTY BLOOD Actress Again』PS2版(今夏発売予定)の新キャラクターとして、作品の枠を越え、『空の境界』主人公の両儀式が参戦するという話。
    既に公式サイトでもプロフィール・性能・スクリーンショットが公開されています。

    両儀式の性能
    両儀式 vs 七夜志貴

    実際カッコいいな、おい。そしてチラリと見える式の首元が(ry
    同じ「直死の魔眼」持ちとして、『月姫』『MELTY BLOOD』主人公の遠野志貴との対戦が楽しみですね。もちろん、その裏キャラであり、私が最もお世話になっている七夜志貴との対戦も。……まぁ、設定上の性能を考慮すると、両方の志貴ともフルボッコの予感なのですがww
    ちなみに式本人は登場していませんが、当ブログで公開しているTYPE-MOON作品の二次創作小説『The HUMAN』の中にも、ちょっとだけ彼女の話が出てきています。愛すべきヒロイン・両儀式も、視点を変えればこんな人?w

    なお、公式サイトによれば、他にもキャラクターが追加されるとか。
    アレか、遂に遠野さん家のホントの長男・四季さんの参戦ですかね。接近戦では爪、長距離戦では血刀とか飛ばす感じですかね。その能力『不死』を最大限に活かし、ヴァイタル・ソースが全然減らないみたいな超地味性能とか発揮してくれるんですかねwww

    期待しています。

Powered by Twitter Tools.

[The HUMAN] 第一章「贄の箱庭」/4(下)

Kairi & kai による「」は、奈須きのこ原作の小説「空の境界」、ならびにTYPE-MOONのゲーム「月姫」「Fate/Stay night」の世界を舞台とした二次創作小説です。

第一章/4も長くなってしまいましたので、3つに分けて配信しております。

これまでのあらすじ

集団失踪事件の重要人物・山川誠と食事に出かけると言い出した親友・茅野智佳を心配して、池宿へと駆けつけた丹生恵だったが、既にそこは大変な騒ぎに見舞われていた。智佳が行くと言っていた店で乱闘騒ぎが起こっていたのだ。
智佳の身の安全を案じた恵は逡巡の後、店に踏み込む。そこで目にしたのは、瓦礫の山と化した内装、智佳を含めた倒れ伏す人々、───そして、ただ1人立ち尽くす、短刀を持った男だった。男は恵に問う。お前はなんだ、と。

噛み合ない男との会話。にも関わらず、反応してしまう自分。駆けつけた警察。襲い来る男。
─────丹生恵の物語は、急速に加速する!

[The HUMAN] 第一章「贄の箱庭」/4(下) を読む。

これまでのストーリーについては、こちらの特設ページからどうぞ。

ご意見・ご感想・お問い合わせ

』についてのご意見・ご感想は、このエントリーのコメント欄にご投稿ください。
また、お問い合わせはこちらのメールフォームからどうぞ。

【追記:2009. 4. 3】

ところどころ存在していたリンク切れ(というかこちらのミスなんですが)を修正しました。
ご迷惑をおかけしましたこと、深くお詫びいたします。

[The HUMAN] 第一章「贄の箱庭」/4(中)

Kairi & kai による「」は、奈須きのこ原作の小説「空の境界」、ならびにTYPE-MOONのゲーム「月姫」「Fate/Stay night」の世界を舞台とした二次創作小説です。

第一章/4も長くなってしまいましたので、随時配信していきます。

あらすじ

丹生恵が受け取った、親友・茅野智佳からのメールは、山川誠との食事に誘うものだった。
しかし山川は、先日の集団失踪事件の折に行方不明となったはずで、薬物『ブラッドチップ』との関係も疑われる人物だった。智佳を心配した恵は、昼に訪ねてきた刑事・秋巳大輔に協力を求めた上で、智佳のメールにあった居酒屋へと急ぐ。

その居酒屋のある繁華街・池宿で恵が目にした光景は、予想を超える異常事態だった。

───そして出会う、鈍色の瞳。

[The HUMAN] 第一章「贄の箱庭」/4(中) を読む。

これまでのストーリーについては、こちらの特設ページからどうぞ。

ご意見・ご感想・お問い合わせ

』についてのご意見・ご感想は、このエントリーのコメント欄にご投稿ください。
また、お問い合わせはこちらのメールフォームからどうぞ。

[The HUMAN] 第一章「贄の箱庭」/4(上)

Kairi & kai による「」は、奈須きのこ原作の小説「空の境界」、ならびにTYPE-MOONのゲーム「月姫」「Fate/Stay night」の世界を舞台とした二次創作小説です。

第一章/4も長くなってしまいましたので、随時配信していきます。

あらすじ

都内のライブハウス「ROSSO」で起こった集団失踪事件から2日。
偶然にも惨劇を免れたせいで、関係者と疑われていた女子大生・丹生恵だったが、刑事との話の中で誤解は解かれた。
その後、事件のあらましを聞かされた恵は自分の不注意を猛省していたが、親友・茅野智佳のメールで事態は一変する。智佳はなんと、行方不明であるはずの『Happy Party』副代表・山川誠と食事に出かけるというのだ。失踪事件の事情を知っているであろう彼の危険性を察知した恵は、繁華街・池宿に急行する。

その頃、恵と話した刑事・『怪事件担当』こと秋巳大輔警部は、彼女の家から地下鉄で戻る途中だった。地下鉄が地上ホームに入ろうかという時、鳴り響く彼の携帯電話。先ほどまで話を聞いていた恵からの着信だった。

───それは、物語が動き出す合図。

[The HUMAN] 第一章「贄の箱庭」/4(上) を読む。

これまでのストーリーについては、こちらの特設ページからどうぞ。

ご意見・ご感想・お問い合わせ

』についてのご意見・ご感想は、このエントリーのコメント欄にご投稿ください。
また、お問い合わせはこちらのメールフォームからどうぞ。

[The HUMAN] 第一章「贄の箱庭」/3(続き)

Kairi & kai による「」は、奈須きのこ原作の小説「空の境界」、ならびにTYPE-MOONのゲーム「月姫」「Fate/Stay night」の世界を舞台とした二次創作小説です。

第一章/3は非常に長くなってしまったので、3つに分けて公開しています。

あらすじ

ライブハウス「ROSSO」での惨劇から2日が経過した。
自分がいた場所でとんでもない事件が起きていたとは露知らぬ恵は、ようやく体調不良から解放され、自宅で気怠い夏の午後を過ごしていた。そんな彼女の部屋を1人の刑事が訪れる。

一方、「ROSSO」での集団失踪事件の捜査は、早くも暗礁に乗り上げていた。流行の薬物『ブラッドチップ』が発見された他は、何1つ事件解決の手がかりを得ることができなかったのだ。
捜査員の1人である秋巳は、過去の事件の経験から重要人物にあたりをつけ、ちょっとした「裏技」を使い、それを割り出すことに成功する。その重要人物とは、誰あろう恵のことだった。

普通の大学生・丹生恵と『怪事件担当』・秋巳大輔は、ここに出会う。

[The HUMAN] 第一章「贄の箱庭」/3(中) を読む。
[The HUMAN] 第一章「贄の箱庭」/3(下) を読む。

これまでのストーリーについては、こちらの特設ページからどうぞ。

ご意見・ご感想・お問い合わせ

』についてのご意見・ご感想は、このエントリーのコメント欄にご投稿ください。
また、お問い合わせはこちらのメールフォームからどうぞ。

[The HUMAN] 第一章「贄の箱庭」/3

Kairi & kai による「」は、奈須きのこ原作の小説「空の境界」、ならびにTYPE-MOONのゲーム「月姫」「Fate/Stay night」の世界を舞台とした二次創作小説です。
配信が随分と遅れてしまい、誠に申し訳ありませんでした。

あらすじ

ライブイベント『Happy Party』で体調を崩した恵はどうにか家に辿り着き、自分の身の安全を確かめた後、とにかく休息を取ることを決める。

その頃、会場であったライブハウス「ROSSO」には警視庁刑事部捜査第一課の秋巳大輔が到着していた。
起こってしまった惨劇は、『怪事件担当』とさえ呼ばれる彼にとっても怪奇以外の何物でもない、非常に不可解で猟奇的なモノだった。
手がかりなど何1つない謎だらけの事件に、1人の刑事が挑む。

[The HUMAN] 第一章「贄の箱庭」/3(上) を読む。

【追記】2009.02.24

第一章/3は非常に長くなってしまったので、3つに分けて公開しています。
続きを公開しましたので、そちらもご一読ください。

なお、これまでのストーリーについては、こちらの特設ページからどうぞ。

ご意見・ご感想・お問い合わせ

』についてのご意見・ご感想は、このエントリーのコメント欄にご投稿ください。
また、お問い合わせはこちらのメールフォームからどうぞ。